子育てのこと…ハンドメイドのこと…
    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おひさしぶりです☆   
 こんにちはusa2
しばらく更新が滞ってしまいすみませんでした。3

実は、性別が判明し、ブログでの報告をためらっていたところです。
…このような書き出しということは…

はい、「男の子アップロードファイル」でした。
 
はじめはさすがにショックでしたが、今は別に落ち込んでません。
3人の男の子のママに「まぁ、将来ちょっと寂しいかもしれないけど、楽しいよぉ。
何よりもみんなすごく仲がいいし。別に悲観することじゃないんだよ」って話を聞いたし
なにより、落ち込んでしまった私をやさしく支えてくれた家族の大切さを改めて実感きて、女の子を授かることが出来なかった悲しさよりも、この人たちと家族になれたことの幸せのほうがずっと大きいということをすごく感じたからです。その中にまた新たな命が増えるんだから、何を悲しむことがあろうか!って。

 性別判明を受けた次の日、どうしても眠ることが出来ず、また家族が起きてきたらなんだか、あたりちらしてしまいそうで…。外が少し明るくなったあたりで、気分転換をしようと散歩に出ました。爆睡していた主人ですが(仕事は休み)、朝早いのに、私がいないことにすぐに気が付き、心配して電話をくれました。私は「しばらく散歩して、気分が落ち着いたら帰るね」とメールしてしばらく泣きながら歩いていました(傍からみたら、かなり怪しかったと思うけど、妊婦だし)。でもなかなか帰る気が起きず、結局主人も子供もほったらかしで5時間くらいたってしまって(ほんとダメ母親…)その間主人からは心配のメールが何度も。「寒くない?」とか「迷子になったらいつでも言って」とか。もうこれ以上心配かけられないと思い、さすがに自分の体の事も顧みず、こんなことして怒られるよな~…なんて思いながら家に帰ったのですが…。家で待っていたのは、「気分少し落ち着いた?」と心配そうに待っていてくれた主人と、「ママ~お帰りっ」っ元気な声をあげる可愛い子供たち。ひっさしぶりに号泣しました。私は何をしてたんだろう。もし、主人に逆の事をされたら、私はやさしく迎えられるだろうか?「上の子たちが可愛くないの??って責めてしまいはしないだろうか…。大切な大切な家族のおかげで救われた瞬間でした。

 お友達のママさんも言ってたように、男の子3人だけの家族ならではの楽しみ方って
いろいろあるみたいです。大変だけどね。まぁ、洋裁大好き私としては、女の子の洋服をたくさん作りたかったっていうのもあるので、それはそれで、1歳半くらいまでは、普通に作って着せちゃおうって思ってます。まだ分かんないし(^u^)「娘に作ってあげたかったぁぁ」ってもんもんとするよりは、ある程度楽しんですっきりさせちゃおうって魂胆で(^_^;)支援センターとかで有名になっちゃうかな?オトメンにならない程度にほどほどに。

そんなこんなで、(開き直りもありますが)今や3人目の可愛い男の子(?)の誕生を楽しみにしている今ですが…

どうしてブログで報告するのをためらってたかと言いますと…

まわりからの反応です。

当の本人は別にもう落ち込んでないのに

うわ~、とか、かわいそ~とか…

おなかで元気に動いている私にとっては可愛いわが子が
何の罪もないのに、そんな風に思われてしまうのが嫌で…。

さらに何の根拠もなく三人目挑戦に対し「yooは男の子しか産まなそう」って
何度か、言われていたわけですが、女の子を切望していただけに、そのことに対してはあまり良く思ってなかったわけで。報告することで「やっぱり~」って勝ち誇られるのもちょっと…。

産まれてからの報告にしようかとも思いましたが、
応援してくれていた方もたくさんいたし、何より「家族の大切さ」を改めて知ったこの出来事を書きとめておきたいと思ったので、報告する事にしました。

 もしかしたら、負け惜しみに聞こえる部分もあるかもしれませんが、
前向きに出産に向かっていますので、引き続き応援してくださいねアップロードファイル

ではまたぁmaneki


スポンサーサイト
                              
         
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。